こども資格(しかく)・検定(けんてい)じてん

日本語文書能力検定にほんごぶんしょうのうりょくけんてい

日本語文書能力検定(にほんごぶんしょのうりょくけんてい)、りゃくして文検(ぶんけん)は、上手な文章(ぶんしょう)を書く試験(しけん)です。

相手にあなたの文章をよんでもらうには、わからやすい日本語を書くことが大事です。

上手な文章を書くには、相手に伝えたい事をきちんとまとめる力が必要(ひつよう)で、「だれが」「どこで」「いつ」「なにを」「なぜ」「どうやって」「どうした」などを順序(じゅんじょ)よくなれべられるかが大切(たいせつ)です。

試験には、地図(ちず)を見て道順(みちじゅん)を説明(せつめい)するなど、楽しみながらできる問題(もんだい)もあります。

ポイント

ふだんは国語の勉強をキチンとしよう。あとは問題集(もんだいしゅう)などで勉強してみましょう。
漢字検定(かんじけんてい)といっしょに勉強すると効果(こうか)があるよ。

受験資格は?

だれでもチャレンジできるよ。
(1級・準1級を受けるには2級の合格が必要です。)

試験日は?

毎年3回おこなわれています。

お金は?

7級〜3級:2,000円
準2級:3,000円
2級:4,000円
準1級〜1級:6,000円

試験は?

7級が小学生、6級〜5級ぐらいが中学生のレベルだよ。

出題範囲は?

人に伝えたい情報(じょうほう)を適切(てきせつ)な言葉や表現(ひょうげん)で上手な文章にする力が必要です。
類義語(るいぎご)、絵を伝える、伝言メモを作成する、道順の説明なども問題がでます。

問合せ先

日本語文章能力検定協会http://www.kentei.co.jp/bunken/index.html
京都事務局:〒600−8585 京都市下京区烏丸通松原下る五条烏丸町398
電話:075−352−8308
東京事務局:〒100−0004 東京都千代田区大手町2−1−1大手町野村ビル
電話:03−5205−0338

国語(こくご)の資格(しかく)・検定(けんてい)
 
算数(さんすう)の資格(しかく)・検定(けんてい)
 
理科(りか)の資格(しかく)・検定(けんてい)

社会(しゃかい)の資格(しかく)・検定(けんてい)
 
外国語(がいこくご)の資格(しかく)・検定(けんてい)
 
体育(たいいく)の資格(しかく)・検定(けんてい)

図工(ずこう)・家庭科(かていか)の資格(しかく)・検定(けんてい)
 
情報(じょうほう)の資格(しかく)・検定(けんてい)
 
道徳(どうとく)の資格(しかく)・検定(けんてい)